のうじる貯水槽

言うほど脳汁は出ない

Livedoorブログに再移転しました。ご迷惑をおかけします。

※これは、独自ドメインを取る前の記事です。

はい、ポンコツなことに定評のあるなかなです。
本日、何の気なしにURLをみたところhttp://noziru-strage.blog.jp/となっていました。
なっていました。

駆け巡る違和感。
焦り。
絶望感。
自己嫌悪。

あれ?
ストレージの綴りってstorageじゃなかったっけ?……続きを読む

有名なオンラインストレージは、無料だと容量が少ないものばかり


みなさんは、どこのオンラインストレージを使用していますか?

もはやオンラインストレージの代名詞存在のDropbox
50GBの大容量が自慢のMEGAADrive
やっぱり大資本がバックのGoogle DriveOne DriveAmazon Cloud Drive

有名所だけでもかなりの数があるオンラインストレージですが、無料で使える容量は5GBくらいのものがほとんど。
多いところでも、50GBが限度だったりします。

もっと大容量のオンラインストレージ、欲しくはないですか?
私は欲しいです。いくらあっても困るものじゃありませんし。

なので、今から中国の大容量オンラインストレージを紹介しようと思います。

念の為に言っておきますが所詮中国です。
自己責任でどうぞ
また流出したらまずいファイル(機密等)はアップロードしないことを強くおすすめします。

そして、最近は聞かなくなりましたが一日に多くのファイルをアップロードしすぎると、プロパイダに規制を受けたり警告文が届いたりするという話が有ります。
目安は、15~30GBです。
一日のアップロード量は15GB(多く見積もっても30GB)以内に留めるべきでしょう。続きを読む

注意


記事の内容の実行は自己責任でお願いします。

あと、くだらない前口上が長くなってしまいました。
ここをクリックで対処法までジャンプできます。

また、Windows10にアップグレードした方は、ちゃんとPCが動いていても念の為にデバイスマネージャーを開いて『不明なデバイス』が無いかを調べることをおすすめします。



左下にある田ボタン(スタートボタン)を右クリックし、『デバイス マネージャー』をクリックすれば開けます。


くだらない前口上


はい、ご無沙汰しております。なかなです。

本日、人柱覚悟でWindows10にアップグレードしました。
SONY時代の古い、Windows7搭載VAIOノートちゃんをアップグレードしました。
完全自己責任です。

続きを読む

前書き


以前、人工知能の力を用いて画像の解像度を上げてくれるツールである『waifu2x』を紹介しました。
前回の記事

ですが、これはオンライン上でしか使えませんでした。
また、実写の写真にも非対応でした。

そのwaifu2xが、オフラインでも使えるソフトウェア化されたらしいのです。
しかも、実写にも対応したとか。
その名も『waifu2x-caffe』

これは試すしかない! と思ったので早速使ってみようと思います。

これで、サーバーの心配をせずに心置きなく高画質化しまくれる!

続きを読む

※一ヶ月前の出来事です。記事作りがダルかった。

前書き

湘南T-SITE、みなさんはご存じですか?
私はつい最近まで知りませんでした。
というか行くまでどんなところか知りませんでした。

「なんかデカい蔦屋書店が湘南にあるらしいよ」
という頼りない友人の言葉以上の情報は一切知りませんでした。


そんな私は、先日小田急線沿いに用事がありました。
まぁ小さい用事なのですぐ終わったわけです。

ですが、私の家から小田急線沿いはわりと遠い。
……けっこう長い時間、電車に揺られて小田急線沿いに来たのに、なにもしないで帰るのは嫌だなぁ。
そう思いました。

てなわけで、行ってきました。湘南T-SITE。

続きを読む

 

総合点を出すかは気まぐれです。

曲を一曲づつレビューするかも気まぐれです。


点は基本星マークで出します。

+が5点

☆が10点

★が20点です。

100点超えたと思ったら、星が赤くなります。


★★★☆+ だと75点です。


★★(40点)くらいあればまずまずの評価だと思ってください。

辛口で行きます。

しかし、正直なところ嫌いなアルバムのレビューなんて書く気がしません。だから、レビューするアルバムは最低でも一箇所は褒めるところがあるアルバムになると思います。たぶん。

正直、点数付けはテキトーにやるので期待しないでください。

私は音楽聞いてる時、良いか悪いか微妙かの3つでしか判断していないような人間なので。


最後に。

アルバムのレビューが、皆様のより良い音楽探しに役立つように頑張ります。

そして、レビューは(客観を意識しつつも)主観でテキトーに書き散らしているので、ご贔屓の曲やミュージシャンの評価が芳しくなくてもテキトーに受け流してください。

『この作品の良さがわからないなんて哀れな奴だなぁ』と。[adsense1]

↑このページのトップヘ