ご無沙汰してました。

最近、コインチェックは爆発し、テザー問題は大きく取り沙汰され、中国の規制は相変わらず危惧され、韓国でのバブルも鎮火しました。
仮想通貨市場は以前の上り一本調子から完全に脱したと言えます。
ですが、そういう状況でもFXならば売りから入れるので利益が出せます。無論、リスクが伴いますが。

今回は僕が使ってみたいろいろな業者の中でもFXサービスのみに焦点を絞り、特筆すべき所が有ると思ったおすすめの所を比較・紹介します。
(普通の取引所説明はこちら:初心者が知っておきたいビットコイン(仮想通貨)の取引所たち)

注意

ただでさえ不安定な仮想通貨のレートをレバレッジで拡大する事になるので、取引リスクは通常の法定通貨FXを大きく上回ります。
くれぐれも、失って笑い話にできる範囲の金額で手を出すようにしましょう。
また、大規模な価格変動は日常茶飯事です。
危険ですので、ポジションを長期間持つことも避けるようにしましょう。
仮想通貨FXの「おはぎゃあ」は洒落になりません。
損切しないと死にます。

以上、下手くそからのお節介でした。

おすすめ出来るFXサービス

私が主に使っているのは以下の2業者です。
あくまでも主観ですので、最終的には自分で使ってみて判断しましょう。

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 -bitFlyer
レバレッジ対応通貨:BTC
レバレッジ:15倍まで
証拠金:日本円/ビットコイン
最小枚数:0.001BTC
 (1000円前後)
ロスカット:50% (追証80%)

3大メガバンクも出資しており、仮想通貨専業の会社では一番の信頼感があるビットフライヤーが提供するビットコインFX。
僕もメインにしています。
少額でも遊べる事や取引高シェア、大手である安心感を考えると、迷ったらここでしょう。
決済をするときには反対売買を手動でしなければならない事に注意。
(建玉のちょい下あたりをクリックすると決済用に設定された注文画面が出ます。)

良い点

・他を圧倒する取引高
・日本円でもビットコインでも証拠金にすることが出来る
・慣れるとツールが使いやすい
・0.001BTC(1000円前後)という少額からエントリー出来る
 レバレッジ最大で最小枚数なら必要証拠金は日本円にして数十円。
悪い点
・レバレッジ対応通貨がビットコインのみ
・サ―バー/サービスが重くなることがある
 (PCスペックに自信が無い場合は低負荷モードに設定すると良い)
・スマホからだと使いにくい


おまけ:bitFlyerを使う時におすすめのツール
bitFlyerをメインにしたツールですが、それ以外を使う場合でも参考になります。

いなごフライヤー
世界中の取引所の何処かで大量の注文(Taker)が発生した時、音で教えてくれます。
ドラクエレベルアップ音みたいな良い感じの音は買い、デデーンみたいな悪い感じの音は売りの報告です。
世界中の取引所でのビットコイン価格も見れるので、非常に便利です。

BitMEX

bitmex-logo-alt
 -BitMEX
レバレッジ対応通貨:BTC, ETH, ETC, BCH, LTC, DASH, XMR, XRP, XLM, ZEC
レバレッジ:BTCは100倍まで
     :ETHは50倍まで
     :その他5~33.3倍まで
証拠金:ビットコイン
最小枚数:0.0001BTC
 (100円前後)
ロスカット:原則50% (注文量が200BTCを超えると厳しくなっていく)

海外の仮想通貨FXの巨人です。
最大100倍ものレバレッジをかける事が出来ます。
またゼロカットのおかげで、ボロ負けしても不足金(追加入金しなければならない借金)を負ってしまうリスクも無く、安心して取引が出来ます。
ただし入金はビットコインでしか出来ません。
国内企業や日本円を軸にした取引に拘らないならここが良いでしょう。

良い点
・レバレッジが100倍と非常に高い
・対応通貨数が非常に多い
・ゼロカット有り(どれだけ負けても借金にはならない)
・個人情報を提出せずに使える
・海外のサービスではあるが日本語に対応している
悪い点
・ビットコインしか証拠金に出来ない
・国内サービスではない
・クロスマージンと分離マージンの仕組みが分かりにくい
  ―クロスマージン
 レバレッジは原則100倍扱い
 普通のFXと同じで、残高全部が証拠金扱いになる
  ―分離マージン 
 レバレッジは自分で指定
 注文に必要な量のビットコインのみが証拠金となる
 (=口座残高がどれだけ多くても維持率100%分の証拠金しか使わない
  =クロスマージンよりロスカットになりやすい
  =損切下手でも一回のミスで即退場にならずに済む)

次点

国内で法定通貨FXをしていた人などを初めに、これらをメインにしている人も多いです。
自分に合っているか試してみると良いでしょう。

GMOコイン
レバレッジ対応通貨:BTC
レバレッジ:5倍まで (審査によっては25倍まで可)
証拠金:日本円
最小枚数:0.01BTC (1万円前後)
ロスカット:75~85% (レバレッジによって変化)

普通のFXでは世界最大の取引規模を誇る東証一部上場企業、GMOの提供するサービス。
現物は色々なアルトコインにも対応していますが、レバレッジをかけられるのはビットコインだけです。
資産/取引経験によってはレバレッジを最大25倍まで上げられます。
(自己申告が機械的に判断されるので、嘘を付けばどうにでもなっちゃうみたいですが……)

良い点
・提供元が大企業
・最大25倍までレバレッジをかけられる
・スマホアプリがある
悪い点
・デフォルトではレバレッジが5倍までしかかけられない
・相場が乱高下するとスプレッド(売買の価格差/手数料のような物)が広くなる


DMM Bitcoin
レバレッジ対応通貨:BTC, ETH, BCH, ETC, LTC, XEM, XRP
レバレッジ:5倍まで
証拠金:日本円
最小枚数:0.01BTC (1万円前後)
ロスカット:80%

あのDMMがやっている取引所。
日本円を軸にアルトコインでも仮想通貨FXをしたいならここ
ツールがけっこう使いやすいです。

良い点
・レバレッジをかけられる通貨数が国内最大
・追証なし
・スマホアプリがある
悪い点
・レバレッジが5倍までしかかけられない
・アルトコインFXだとスプレッドが広い

終わりに

以上です。

他にもQUOINEXZaif AirFXbitbankトレードなど色々なサービスがあるのですが、微妙な面があるので紹介は見送りました。
(ツールが馴染みにくい、板が薄いため稀にだが価格が暴走する事がある等)
bitbankトレードは昔使ってた事もあるし悪くないのですが、ビットコイン入金しか受け付けてくれません。
それならレバレッジがより大きく自由に設定できるBitMEXのほうが便利だな、と思って移民しちゃいました。

最後にもう一度。
この記事はあくまでも主観です。
最終的には自分で使ってみて判断しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
人気ブログランキングへ
ブログランキング 日本ブログ村へ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット