前書き


以前、人工知能の力を用いて画像の解像度を上げてくれるツールである『waifu2x』を紹介しました。
前回の記事

ですが、これはオンライン上でしか使えませんでした。
また、実写の写真にも非対応でした。

そのwaifu2xが、オフラインでも使えるソフトウェア化されたらしいのです。
しかも、実写にも対応したとか。
その名も『waifu2x-caffe』

これは試すしかない! と思ったので早速使ってみようと思います。

これで、サーバーの心配をせずに心置きなく高画質化しまくれる!


動作条件


waifu2x-caffeの動作条件はこちらです。
OS : Windows Vista以降 64bit (32bit用exeはありません)

メモリ : 空きメモリ1GB以上 (ただし、変換する画像サイズによる)



GPU : CUDAが動くNVIDIA製GPU(CPUで変換する場合は不要)

64bit (32bit用exeはありません)


らしいです。
32bitの人は諦めてオンライン版を使ってください。

また、WindowsXPの人も諦めてください。(64bit版XPならワンチャンスあるかも)
というかXPをまだ使ってる人ははやく乗り換えないとマズい気がする。

メモリ1GBは、64bit版のWindowsならほぼ確実に満たしているので気にしなくて良いです。

自分のPCが何bitか分からない人は、
『Windowsボタン』をクリック→『コンピューター』の上で右クリック→『プロパディ』をクリック
で開くウィンドウの、『システム』の区切りの中にある『システムの種類』を見てください。
それでわからなければ、マイクロソフト公式の自分のパソコンが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認したいを確認して下さい。

nVIDIA製のグラボを使っている人は、CPUを使うより早く変換できるそうです。
自分は持ってないので試せません。

そして、動作させるにはVisual C++ 2013 再頒布可能パッケージが必須です。
上記パッケージはこちらからダウンロードできます。



『ダウンロード』ボタンを押した後、『vcredist_x64.exe』を選択し、ダウンロード・インストールを行って下さい。難しいことはありません。


ダウンロード


まずは https://github.com/lltcggie/waifu2x-caffe/releases/にアクセスしてください。

一番下にDownloadsという見出しがあるので、そこで『waifu2x-caffe.zip』をクリックしてください。
100MB近くあります。
b1

ダウンロードできたら、解凍してください。

使ってみる


解凍してできたフォルダの中にあるwaifu2x-caffeをダブルクリックしてください。
gui版が起動します。
cui版はより細かい設定を可能にできますが、操作が難しく玄人向けです。そこまで高度な設定をいじる気のない自分は触れないことにします。

キャプチャ

使い方は、だいたい直感でわかります(適当)。
直感で分からない部分だけ、コピペしておきます。

他の使い方が分からないところ、及びコピペ元はhttps://github.com/lltcggie/waifu2x-caffe/releases/を参照してください。
詳しく使い方が解説されており、この記事で解説することが特に浮かびません。
本当に有難い。
・「モデル」

使用するモデルを指定します。

* RGB : RGBすべてを変換する2次元画像用モデル

* Y(輝度のみ) : 輝度のみを変換する2次元画像用モデル

* 写真 : 写真用モデル(拡大するモデルのみ付属しています。ノイズ除去は出来ません)

 
・分割サイズ

waifu2x-caffe(waifu2xもですが)は画像を変換する時、

画像を一定のサイズ毎に分割して一つずつ変換を行い、最後に結合して一枚の画像に戻す、という処理をしています。

分割サイズ(crop_size)とは、この画像を分割する際の幅(ピクセル単位)の事です。

 

CUDAで変換中でもGPUを使い切れていない(GPUの使用率が100%近くまでいっていない)場合、

この数値を大きくすることで(GPUを使い切ることが出来る様になるため)処理が早く終わる可能性があります。

GPU-ZなどでGPU Load(GPU使用率)とMemory Used(VRAM使用率)を見ながら調節してみて下さい。

また、以下の様な特性があるので参考にして下さい。

 

数値が大きければ大きいほど速くなるわけでは無い

分割サイズが画像の縦横サイズの約数(あるいは割ったときに余りが少ない数)だと、無駄に演算する量が減って速くなる。 (この条件にあまり当てはまらない数値が最速になるケースもあるらしい?)

数値を2倍にした場合、使用するメモリ量は4倍になる(実際は3~4倍といったところ)のでソフトが落ちないように注意。特にCUDAはcuDNNに比べてメモリの消費量がとても多いので気をつけること

らしいです。

実写の写真を実際に高画質化してみる


※このツールは、写真用の設定が搭載されていますが、写真モードを使うと『変換モード』は『拡大』しか選べません。
ノイズ除去出来ないのは地味にショック!
キャプチャ


素材は以前用いた、茶畑と小島よしおです。

茶畑


元画像




img_0

普通に拡大した画像
9f940298







9f940298
おお! 綺麗に拡大出来てる!

これがペイントで拡大した画像です。一目瞭然!
富士山の縁とか、葉っぱが綺麗に仕上がってます。

でも、二次元画像を拡大した時ほどの感動はありませんね。
成長の余地がある気がします。(偉そう)
最適化が進めば、もっと綺麗に変換できるようになりそうです。

因みにこれが二次元画像向け設定で変換した画像です。詳しくは前回の記事へ。
47052bab

小島よしお


元画像
kojima

普通に拡大した画像
ee608221 (1)





000000)

差が……よくわからねぇ……

顔面に注目してみると、確かに若干綺麗な気がする。
けど、大きな差はないようです。
どうやら、人間は苦手なようです。
いや、元の画像に既にノイズが多く入っていたのかも。
何はともあれ、ノイズ除去機能が写真にも使えるようになるのが楽しみです。

因みにこれが二次元画像向け設定で変換した画像です。詳しくは前回の記事へ。
27e74ba2-9dcc-4f1d-cf0f-0d691e755e68

終わりに


このツール、めちゃくちゃ便利ですね。
簡単操作で、フォルダごと一括で変換できるのは素晴らしい。お手軽です。

問題としては、変換が遅いことでしょうか。
一枚に20秒位かかりました。
まぁうちのPCはポンコツノートでGPUも積んでないのでしょうがないですかね。

まだ体験していないかたはぜひどうぞ。オンライン版ならスマホでも使えます。
けっこう感動しますよ。

ここまで読んでいただき有難うございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
人気ブログランキングへ
ブログランキング 日本ブログ村へ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック